FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ゆるい関係ってなんでしょう。 

ある方のブログで なざしで中傷されたので おかえしです。

私は自分から あまり ケンカは売りませんが。

売られたケンカは たいていの事なら 買います。

名指しで 悪口をいうような ひきょうなまねはしませんので。


  

   君とは友達じゃないよー


   ゆるい関係



面と向かって 言われた時は とてもショックでした。


ひどく 傷つきました。


ゆるい関係ってなんでしょう。

人をバカにするのも いいかげんにしてほしい。



親父が大切にしていたコーヒーのミルを以前プレゼントしたのですが。

親父も そうとう怒ってます。



イイヤツだと思っていましたが。

まんまとだまされました。


もう とっくに疎遠ですが。


色々な事が積み重なっての  ゆるい関係事件でした。


その方は 日々 楽しくやっているようで なによりです。



嫌われ者の ねずみ男 でした。





スポンサーサイト

テーマ: ダメ人間日記

ジャンル: 日記

[edit]

体罰 

体罰が色々議論されているようですが。

人類が誕生してから、集団 というものには いじめ 体罰 がずっと存在しています。

これは 法則のようなもので、なくなるはずは残念ながら ないのです。



校長が体罰をした教師のことを話していたのを聞いて、憤慨しました。

「この先生はまだ若いし 未来があるので。」

 
あなた達の事なんて どうだっていいですよ。

主役は 生徒。 

教師たるもの 自分の事は2の次。

体罰をした教師は、もう辞めているんでしょうが。

あなたがいなくなったって、代わりはいくらでもいますから。

それが社会の仕組み。組織とは ある意味そういう残酷なものなのです。


前にも書きましたが、教育委員会は 廃止すべきです。

責任をとれない ど素人集団の存在価値が まったく理解できません。

いっしょうけんめい 生徒達の為に がんばっている先生方も いっぱいおられます。


その先生方のじゃまをする組織をだれが容認できるでしょうか。


自殺された生徒さんは残念でたまりません。

自殺を選ばず、その教師をぶん殴ってほしかった。



いつの時代も犠牲になるのは やさしい 純粋な 弱者であることに 怒りを感じています。









テーマ: 教育問題について考える

ジャンル: 学校・教育

[edit]

いじめ 

小学生の頃、私はある人を いじめてしまいました。

今、考えると なんであんな愚かな事をしてしまったのか と。


高校生の頃、今度は逆に いじめをうけました。

毎日がつらく それでも そんなに自分を正当化したいか クソ野郎。

と 心の中で叫んでいました。

でも それ以上に 自分にいいきかせていたのは つぐないだ つぐないだ アイツへのつぐないだ 

でした。

私は手をあげる事もなくじっと耐えました。



子供でも 大人でも 集団の法則として、誰かを仲間はずれにすると、

いじめている側の結束が強まると 勘違いをし それは どんどんエスカレートします。

とても愚かな行為だし その中に自分らしさ は存在しません。



昨年、35年ぶりに 私がいじめた方と お会いできました。

私は 今しかない と思い 勇気を持って謝罪しました。

  あの時は どうもすみませんでした すみませんでした つらい思いをさせてすみませんでした


すると、彼は私の手をとり わかりました と。


ぐつと こみ上げてきた涙をこらえて 立派な大人になられて よかった よかった。



本当の意味で許してくれたかは わかりませんが。

35年かかえていた 胸のつかえが すーっと 楽になりました。



いじめ は悲しいかな いつの時代でも存在するものですが、

まず あやまりましょう。 勇気をもって あやまりましょう。

私に出来たのだから みなさんも できるはず。

私は長すぎたけど。


すぐ 心から あやまりましょう。




テーマ: いじめ

ジャンル: 学校・教育

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。